外来リハビリテーションについて

こんにちは、理学療法士の紙谷です。

当院の外来、入院、訪問リハビリテーションについて紹介させていただきます。

今回は外来リハビリテーションについて。

まずは医師の診察が必要です。

医師が患者様の状態を診察し、リハビリテーションが処方されます✏️

運動療法は予約、担当制で行っています。初診当日に予約枠が空いていれば、その日から運動療法を開始することは可能です。空いていない場合は申し訳ありませんが、予約をとっていただき次回から開始となります。

運動療法初日に担当理学療法士が、患者様のお身体の状態を確認させていただき、今後のリハビリの進め方や来院頻度、生活上のアドバイスなどをお伝えします。

症状がある部位とは別の場所に根本的な問題が隠れていることも多いです。

よく言われる、加齢、運動不足、筋力低下のせいだけではなく、もう少し詳しく身体のことを知っていただく、〝きっかけ〟にもなればと思っております。

※治療後は使用したベッド、枕、椅子などの消毒を毎回行っております。

 

 

関連記事

  1. 1月リハビリ定例勉強会 〜交通事故後のリハビリ〜

  2. 転倒予防 〜自宅チェック・対策ポイント〜 玄関・勝手口

  3. 10月リハビリ定例勉強会 〜 脊椎と股関節 〜

  4. 3月リハビリ定例勉強会 〜 地域理学療法学 〜

  5. 転倒予防 〜自宅チェック・対策ポイント〜 リビング(居間)

  6. 椅子の立ち座り動作 〜ちょっとした意識で安全に〜 ①