入院リハビリテーションについて

こんにちは、理学療法士の紙谷です!

今回は当院の入院リハビリテーションについて紹介させていただきます。

転倒による骨折、疼痛や筋力低下などで生活できない、日常生活の動作が困難、他院での手術後など様々な患者様が入院されています。

ご自身が生活されている場所(ご自宅、施設など)に戻るため、

身体機能の改善(関節可動性、筋力)、基本動作(起き上がり、立ち座り、歩行など)、日常生活動作の改善に向けて、

理学療法士がお手伝いをさせていただきます。

また必要な方は、入院中に『退院前訪問指導』を行っております。

理学療法士がご自宅に訪問させていただき、

ご自宅の環境に応じた動作の方法、介助方法などをお伝えしたり、

住宅改修のご相談(手すり、段差など)などを行っております。

医師、看護師、ケアマネージャーと連携を取りながら、

退院後の生活を見据えたお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

関連記事

  1. 転倒予防 自宅チェック・対策ポイント 〜 トイレ 〜

  2. 転倒予防 〜自宅チェック・対策ポイント〜 浴室・脱衣所

  3. 2月リハビリ定例勉強会 〜腰部脊柱管狭窄症〜

  4. Core Power Yoga CPY®︎(コアパワーヨガ)…

  5. Core Power Yoga CPY®︎( コアパワーヨガ…

  6. 4月リハビリ定例勉強会 〜 座位行動 〜